--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕組みの大切さ

2008年07月01日 12:59

「仕組みづくり」っていうのが僕の最近のテーマで、今後の活動や仕事の中でも特に大切にしていきたいことのひとつ。

いきなりなんだって感じだけど、これは僕の大学生活の中で徐々に芽生えてきた問題意識であり、目標。
僕の大学生活をざっくりひとことでドラクエの職業風に言うと、「イベンター」だと思う。
小さいステージは、サークルのKFまちかどホール、大きいステージは赤坂サカスまで、
いろんなところで、いろんなイベントを企画して、また散っての繰り返し。
その中でいろんな仲間と出会って、人を感動させる楽しさ、人が集まることで出るエネルギーとか、いろんなこと感じたり、学んだりしたんだけど、その一過性のものの中に微妙に限界を感じてもきている。

もちろん1日で人生変わっちまった。ってことは結構あると思うし、それぐらいインパクトあることができたらいいんだろうけど、結局、イベントとかって最大限影響力を及ぼすことができてもその場にいる人にしか効果がない。

僕としては、イベントっていうツールはとてもインパクトがあっていいんだと思うんだけど、より広く人々を変えていくためには、やはり別のアプローチも必要だと思うんだ。

生活に密着したっていうのかな。
普通に生活してる中で、無理なくそぉっと入り込む。
セットでこういった仕組みも考えていかなければいけない。
きっかけと、その継続のための仕組み。この2つの両輪が回って初めて、何かがみんなの中に根付いていくんだと思う。


続きはまた今度。
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。