--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠近法

2008年08月25日 01:30

人の人生はすり鉢状の、先細りのもので、みんな死という終わりで結局同じ終着点に行き着くって考えてしまいがちで、結局いろんなことは塞翁が馬の連続で、そうやって過ぎていく部分は、僕たちが選びとれない部分で、けっこうあるのかなって思うことが多い。
最近そんな小説を読むことが多いからかもなぁ。うーん、別に何を悩んでるわけでもないんだけどね。
そんなこと考えながら、ふと、金曜日の飲み会の失態を思い出す。最終的に大学の芝生で寝てたからなぁ。。。ちょっと飲みすぎたかぁ。

こうやって死生観と飲み会の失態の話が混同する僕の脳ミソ。思考はいつも予想不可能な方向に。思い出したくないことをふっと思い出したり、思いだしたいことが出てこなかったり。今回の場合だと、前者の真剣みがなくなるよね。思考に遠近法はない。ある程度過去のことであれば、それらの記憶の大きさなんてのはその物事が起こった時からの時間の長さに比例しない。主観的に大きな経験だと思うことははっきり覚えているし、そうじゃないものは忘れるし。

なんか今日のはよく分かんないけど、もったいないからアップ。
こうやって思考はまとまりにくいものなんですね。
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。