--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足し算と引き算

2008年10月22日 08:46

糸井さんが、「ほぼ日」の中で、温度の足し算・引き算の下りを昔してた。服を着て(たして)温度が逃げないようにしていくのは簡単だけど、服を脱いでも、温度は引き算できないよ。みたいなこと。

この足し算・引き算のことっていろいろなことに言えるなーって思う。

たとえば、絵を描いたり字を書くときも。ペンで書いちゃえば、たすことはできても、なかなか引くことはできない。
こうやって考えていくと、
僕たちの家にあるものも、
僕たちが買った服たちも、
きれいなあの子を好きな男子学生の人数も、

どれもやっぱり足し算の方が簡単みたいだ。

テストで覚えた歴史の年号なんかは、引き算の方が簡単かもしれないけれど
もちろん、僕たちの思い出や
僕たちの価値観なんかは
引き算の方が難しい。

そこには個人的な思い(愛着とかそんなもの)が存在するからかな。
思い出すより忘れる方が僕たちにとっては難しいことだってある。
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。