--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マズローの5段階欲求段階説

2009年02月23日 14:54

経営学とか組織論とか心理学とかやってると嫌と言うほど何回も出てくるアブラハム・マズローの欲求段階説。

マズローの欲求段階説
マズローの欲求段階説
安全欲求→生理的欲求→社会的欲求→自我欲求→自己実現欲求
という風に高位に欲求は変化し、その順番で人間の欲求は出現する。

日本で暮らすほとんどの人は、程度の差はあれど下層2つの欲求は満たしている。
生理的に苦しめられている環境ではないし、安全も比較的担保されている。

そんな中で次には社会的欲求だ。他人に認められたいとかそういうの。
これはその人個人によってできてる人とそうじゃない人がいるのではないか。

就活をしていてもいろいろな軸がある。

自分が本当にやりたいことを見つけられているやつ。どうせ仕事なんて楽しめないと、お金がいっぱい貰えそうなモテそうな仕事は何だろうと仕事を探しているやつ。自分の夢を追っかけて小さな会社に入っていくやつ。

職業というもの自体に就くことが大問題ではなくて、何をしてどう生きていくか。
そういったことを第一に考えられればいいのだろうし、世の中の起業家の人とか若くしてセミリタイアしたような、超デキる人たちはそういう風なことを考えているんだろうし、話を聞くとそういう話を仰るけれど、それもマズローの段階説によるんだと思う。
決して順序は入れ替わらない。彼ら・彼女らはすでに下層から4つ目までを満たしているのだ。
自己実現。そこに辿り着くまでには彼らにだって社会的欲求や自我欲求があったはず。

僕はまだそんな高いレベルで物事を考えられない。
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。