--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『村上春樹にご用心』 内田樹 著

2009年09月18日 13:15


Powered by POPit



「「村上春樹の小説のテーマって何でしょう?」いきなり学生にそう聞かれた。むずかしい問題だ。「気分のよいバーで飲む冷えたビールは美味しい」というのは間違いなく全作品に共通する言明ではあるが、これは「テーマ」とは言えない。しかし、あらゆる質問に間髪を入れずに答えるのは大学教師に求められる重要な技能の一つである。私は即座に答えた。「それはね、ヨシオカくん。『邪悪なものが存在する』ということだよ」言ってから、意外なことに正解を言い当ててしまったことに気がついた」
(内田樹 著『村上春樹にご用心』204項)

村上春樹×内田樹という組み合わせは、以前レビューで書いた、糸井重里×村上春樹と同じぐらいボクには贅沢なキャスティングで、盆と正月が一緒に来たような組み合わせである。
これは売れないはずがない。

内田先生ご自身が「ハードディスクの中を「村上春樹」で検索すると、200ほどのファイルがわらわらと出てくる」というぐらいご自身のブログや記事で村上春樹に言及しており、本書はそのたくさんの記事をまとめたものである。
全体の流れや個々の文章同士のつながりはあまりないところもあるが、本書のテキストを読めば、内田先生の村上春樹論が分かり、村上春樹作品の読み方が変わるのは間違いない。

題名からすると、批判的立場かとも取れるが、内田先生は至極肯定的に村上作品を受け入れている。

・「人間的世界がカオスに呑み込まれないように、崖っぷちに立って毎日数センチずつじりじり押し戻す仕事」
「とくに達成感があるわけでもないし、賃金も支払われないし、社会的敬意も向けられない。けれども、誰かが黙ってこの『雪かき仕事』をしていないと、人間的秩序は崩落してしまう」
と本文中で述べられており、村上春樹が作中で「文化的雪かき」と書かれている、センチネル、キャッチャーの話。

・「意味のないメッセージには意味のない可能性がある」という合理を求める私たちの意識に反する世界の提示。

・「私たちが世界のすべての人々と「共有」しているものは、「共有されているもの」ではなく、実は「共に欠いているもの」であるという逆説。

などなど、村上春樹の良い意味で敷居の低い小説の中の世界感を、内田節で語っていく。

世界的に認められているにも関わらず、日本の文壇では評価が低く、辛い評価を受けることも少なくない村上春樹であるが、
そんな状況に対して内田先生が言う
「そもそもある作家を名指しして「こいつの本は読むな」というのは批評家の態度として、よろしくないと思う。「まあ、いいから騙されたと思って読んでご覧なさい。私の言うとおりだからという方が筋じゃないのかな」
という批評についての態度は見習っていきたいと思う。
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。