--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サークルの卒業式

2010年03月14日 17:30

昨日は所属するボランティアサークルの卒業式がありました。
いつものように参加して、ミーティングして、そして追いコンという毎年と変わらぬ流れではあるのだけれど、
追い出される方での参加ということがどこかまだ理解できなくて、何かずっと宙ぶらりんな感じだった。
朝家に帰ってきて、もらったプレゼントと色紙を見たとき、やっとじわっと感覚が滲み出て来た。
「お、オレもう行けないんだなぁ」と。

なんでこのサークルに入ったのっていう理由はいろいろあるんだけど、なんで4年間続けてたのって言われたら、入った理由とは全然違うんだろうなぁって思う。
ボクの中で一番素直に笑った場所だったし、ボクの中で一番本能で楽しむ事ができていた場所だったような気がするから。

答えがない問いで悩み続けたり、ぐだぐだなミーティングの時は正直ちょっとめんどくさく思ったり、イベントの準備では辛いこと大変なこともあった4年間でしが、そんなことはどうでも良くて、一生懸命みんなと前向いて取り組んでこれたことを今本当に嬉しく思います。

でこぼこな学年のみんなではあったけれど、
「ボクが苦手とすること」を得意とする人達がいっぱいいた学年でした。
だから、何をやってもいつも「すげーなー」「羨ましいなぁ」と思っていたのが正直なところです。
(悔しいので口には出して言ってないけど)
みんなにはほんと尊敬。
まだまだみんなには追いつけないところが多いけど、これからも負けないように頑張っていかないと。

そして今後の人生への考え方については、このサークルに入って一番変えさせられたなぁと思う。
子どもと接する活動であったので将来についても、その方向の夢も持ち突き進んでいる人が多かった。
教師になる先輩、今後も同じような活動を仕事にしていく同期、教育という現場に携わり続ける人。
彼/彼女らを間近で見て来たことはすごくボクにとって大きく考えを変えさせられました。
夢に向かって突き進む事。こんな当たり前のこと、いつから忘れていたんだろう。

いつかまた、みんなで集まって昔話に花を咲かせたいな。
そんな、ボクにとってかけがえのない思い出をくれたみんなにありがとう。


最後の日子ども達と一緒に歌ったこの曲。すごく良い歌だった。
またあえる日までまたあえる日まで
(2002/10/17)
ゆず

商品詳細を見る

YOUTUBE動画 - Yuzu - Mata Aeru Hi Made (PV)
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。