--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文庫本の価値

2011年02月21日 23:51

ハードカバーではなく文庫本を買う理由は人によって様々だと思うが、文庫本はタダ安いという点においてだけ意味のあるものではないということはココにきちんと宣言しておきたいと思う。

というのも、ボクは文庫本を買う際、巻末の解説を楽しみにしていたりする。

より著者のことを知っている人や文学的にも詳しい人が解説を書いているので、読み方で適うわけがないのですが、解説の書き方が優れているから面白いというよりは、解説を読む事で、自分が何百ページも一生懸命読んで体験した視点と違った視点を得る感覚を楽しんでいたりする。

解説という、自分の読書体験とは違う視点を手に入れてから、また本文をちらちら見返して、解説で書かれていた視点を追うといった本の読み方をしている時も多いです。


漠然と楽しんでいた文庫本の「解説」ですが、佐々木さんの『キュレーションの時代』を読んで、漠然と思っていた楽しみの構造が分った気がします。
それは「視座」という考え方。他者の視座から世の中を見る事で、日頃経験している世界も全く別のものに見えてくるという楽しさ。
そして、それだけではないんですよね。更には自分自身と解説者の視点のズレから色々と考えが膨らんでくる。
文庫本恐るべしです。安いのに。二度美味しい。


キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)
(2011/02/09)
佐々木 俊尚

商品詳細を見る

スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。