--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学びはより身近なものに

2011年02月20日 14:29

note

家にいる時は8割がた、iMacを点けっぱなしにして、ウェブニュースを見たり、ブログを読んだり、SNS見たり、2ちゃんのまとめサイト見たり、音楽を聞いたりしているボクですが、最近ハマっていることの一つが、ウェブで大学の授業を受けることです。(英語の勉強を兼ねて)

ウェブで大学の授業を受けることなんて出来るのかと疑問にいる方もいるかもしれません。確かに、去年までは年間うん十万円の授業料を払って受けてたものだし、大学の授業というのは本来大学に合格した者のみが受ける権利を持つものだと思いがちです。しかし、この時代そんな思い込みは関係なく、太っ腹にもウェブ上で講義を公開してくれている大学が多くあります。

ボクのオススメは下記の3つ。
  • MIT OPEN COURSEWARE
    • 英語になっちゃいますが、マサチューセッツ工科大学の2,000もの講座を無料で見れちゃいます。講義にもよりますが、テキストはもちろん、動画、そしてテストの問題まであって、非常に充実しています。世界上位の大学の授業の内容のほとんどを自宅のウェブから見る事ができるのです。
  • UT Open CounrseWare
    • こちらは日本の東京大学。こちらはまだ授業の一部かなって感じで、理系の授業が多いような気がしますが、経営戦略等の授業のテキスト等もあります。一部は動画も見られますし、これからも公開される授業が増えるのではないでしょうか。
  • TED
    • こちらは一つの大学ってことではないですが、研究の第一線で活躍している教授含めて、サイエンスからミュージック、アートまで様々な分野の専門家の講演動画を無料で見る事ができます。一部は日本語訳もされています。第一線の専門家ばかりなので、内容は非常に面白いですし、全て英語でのプレゼン動画なので、英語の勉強にもなります。
    • 勉強になったオススメ動画

3つのサイトだけ挙げましたが、正直この3つだけでも全てを見る事なんて到底不可能なほどコンテンツが充実しています。その他のサイトも含めて、ウェブで受けられる講義をまとめてくれているサイトがあったので、その他気になる方は探してみて下さい。

このようにインターネットの普及によって、教育面から見ても本当にステキな時代になったなぁと思います。
ボク達日本人が、アメリカの最高峰の大学の授業をタダで受けられるという意味だけでなく、世界中の人々が、インターネットに接続でき受ける気さえあれば、機会均等に授業を受ける事ができる時代になったのです。

大学公開講座や市民講座は多くありますが、キャンパスまで行かなければいけないものもまだまだたくさんあります。
サラリーマンにとっては、こういうWebでの公開が進むことを願って止みません。母校もこういうことしてくれないかなぁ。
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。