--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年 彩

2009年01月03日 13:07

年末に今年を漢字1文字で表すとってのはよくやってるので、僕は逆に年始に予言。
今年の、個人的漢字の1文字は「彩」にしたい。

昨日のカラオケでミナミが歌ってたミスチルの「彩り」がぎゅーんと心に響いたのも偶然じゃないはず。

自分が意識してることもそうでないことも、結局何かに影響を及ぼしている。
それは何気ない僕の一言でも。「想像力」を働かせて毎日を生きよう。
そして、洗面所の水の渦みたいな、そんな小さなものでもいい、小さな循環を日々の中に作っていこう。そして、それをだんだん大きく育てていこう。
「彩り」のある日々を。

これが、僕の今年のビジョン。
今年は細かく具体的に目標を立てようと思います。それはまた別のお話。

以下、ミスチルの「彩り」

ただ目の前に並べられた仕事を手際よくこなしてく
コーヒーを相棒にして
いいさ 誰が褒めるでもないけど
小さなプライドをこの胸に 勲章みたいに付けて

僕のした単純作業が この世界を回り回って
まだ出会ったこともない人の笑い声を作ってゆく
そんな些細な生き甲斐が 日常に彩りを加える
モノクロの僕の毎日に 少ないけど 赤 黄色 緑

今 社会とか世界のどこかで起きる大きな出来事を
取り上げて議論して
少し自分が高尚な人間になれた気がして
夜が明けて また小さな庶民

憧れにはほど遠くって 手を伸ばしても届かなくて
カタログは付箋したまんま ゴミ箱へと捨てるのがオチ
そして些細な生き甲斐は 時には馬鹿馬鹿しく思える
あわてて僕は彩(いろ)を探す
にじんでても 金 銀 紫

ただいま
おかえり

なんてことのない作業が この世界を回り回って
何処の誰かも知らない人の笑い声を作ってゆく
そんな些細な生き甲斐が 日常に彩りを加える
モノクロの僕の毎日に 増やしていく 水色 オレンジ

なんてことのない作業が 回り回り回り回って
今 僕の目の前の人の笑い顔を作ってゆく
そんな確かな生き甲斐が 日常に彩りを加える
モノクロの僕の毎日に 頬が染まる 暖かなピンク
増やしていく きれいな彩り
  「彩り」 Mr.Children




スポンサーサイト


コメント

  1. 一ファン | URL | -

    すごく共感しました。

    ミスチルの歌詞にも。

    自分も、大きな流れの中のほんの一部でしかなくて、みんなが大騒ぎしてる事だって、3ヶ月後には誰も思い出さない気がする。もしかしたら、お酒を飲んだ誰かが笑い話にするかもしれないけど。

    そう思うと、なんだか今までと世界の見え方が違う気がします。

  2. やまぐち いずみ | URL | -

    コメントありがとうございます

    ほんとの幸せって、ほんの些細な幸せや生き甲斐の中にあるように思います。

    でも、それを忘れてしまう。
    みんなが気にしていること、他者が評価する一般に幸せと思われる大きなものを追っていった方が、考えなくてよくて楽だから。

    だから「想像力」を大事にしたいと思います。
    逃げずに考えて自分の循環を1から作っていく。

    他人には些細に見えることでも、自分にとって最高の生き甲斐を。

    それは自分にとっても、他人にとってもそうだと思います。他人の想いに想像力を持って接してあげる。接する中で僕が何かできることは助けてあげたいですね。
    そうやって足元方向から少しずつ幸せを増やしていけたらと思います。

  3. 一ファン | URL | -

    コメント、いつも100%わかるわけじゃないんですが、(そもそも自分以外の人の気持ちなんて、推察しているに過ぎないと思うのですが)、今回のコメント、よくわかる気がします。というのは、一回は自分の頭で考えたことだからなんでしょうね。

    ちょっと話はそれますが、わたしは最近、ミスチルを聴き始めました。今まで、周りの人が神様のようにミスチルをよく言うのが、わからなかったんですが、改めて聴いてみるとさすがだなぁって思います。
    みんなが感じている真理、きれいなこともそうじゃないことも、それはどれもとても大切なことだと思うのですが、をうまく表現してくれているんだと思います。まだ21年しか生きてないので、わかったような口をききたくないんですが…

    好きな曲はいくつもあるんですが、今日、´やわらかい風’っていう曲を聴いて、何度も聴き返したくなってずっと聴いています。

    実際体験したとかそういうわけじゃないんですが、耳に残るフレーズがいくつもあって、今のわたしに訴えるものがあるんでしょうね。

    長々失礼しました。

  4. やまぐち いずみ | URL | -

    コメントありがとうございます

    他人への理解って確かに、推察ですよね。

    そんなに僕も熱心なファンではないのですが、ミスチルの曲は、心に残るものが多くあります。
    なんか、思い出と重なる、BGMのような、そんな思い出し方ですが。
    OVER、CROSSROAD、CANDY、しるし、など暗めの曲が多いですが。

    日々の感情ってこんがらがっていることが多いと思います。特に何か嫌なことがあったり悲しいことがあったりしたときはことさら。そんな、気持ちを「そうだ、そうだ」と思えるような表現で言い当ててくれるのが彼らの曲なんでしょうね。

  5. 一ファン | URL | -

    そうですね。

    眠たい頭では難しいことが考えられないんですが、なんとなく聞いてもいいでしょうか?

    わたしは、この‘やわらかい風’を聴いて、もう涙なんて出ないんですが、そんな気持ちになりました。

    わたしのことを本当に大切に想ってくれている人って、どれだけいるんだろうって。

    大切な友だちはいるし、友だちもわたしを大切に想ってくれているけれど、自分を差し置いて、理屈じゃなく守ってあげたいとか力になりたいって思う人は、そうそういないと思います。

    家族、恋人?

    幅広い意味があると思うんですが、今回は恋愛に限定して考えると、自分のことを好きって言ってくれている人、くれた人、は、自分のためにわたしが好きだったんだろうなって。意地悪な意味じゃなくて…わたしだって、誰かを好きになるとき、自分中心に考えたりするし…

    たとえ相手に何もしてあげなくても、相手はわたしのことを好きでいてくれるのかな?

    自分に自信がないから、いつもこうやって、踏み出せないでいるんだけれど…

    逆に、わたしが好きな人がいると言っても変わらずしょうがないなって感じで好きでいてくれて、無茶なこと言っても、変なことしても、かわいいよっていつも受け止めてくれて、わたしが落ち込んでいたら笑わせてくれる友だち、彼のことは一度振ってしまったけど、のありがたさを実感した気がします。

    ‘やわらかい風’を聴いて、彼のことを思い出しました。

    そのうち、彼も愛想つかしてしまうのかなぁとか思うと、またちょっとだけ切ないような…


    語っちゃいましたね…

    いずみさんは、どうですか?

    理屈じゃなくて、誰かが好きでたまらなくてその人の力になりたいって思いますか?

    自分に都合のいい誰かを気に入って、その好きな人のために何かするのも、結局は自分ありきだったりはしませんか?

    意地悪じゃなくて、そんなに好きになれるのは、本当に奇跡というか、尊いものだと思うんです。

    なんだか言葉にするとcheapですね。

    どこかの誰かもこんなこと語ってたような気がしますね。

  6. やまぐち いずみ | URL | -

    コメントありがとうございます

    好きになって、わけわかんないぐらい好きになって、理屈なんて考えられなくて、相手のために何かしてあげたい、相手のことを1番に考えることはあるかな~。

    恋愛一般で言えば、わけわかんなくてそれでいいんじゃないでしょうか。

    確かに、後から振り返ったら、舞い上がってたな~ってものもあるかもしれないけど。

    結局自分のために好きになってるんじゃないか、自分ありきなんじゃないかって仰ってましたね。確かに理屈で考えたら、人間、そうなのかもしれません。相手の優しさが欲しかったり。
    でも、自分のこと考えてみてください。一部の理由にはそれがあるかもしれないけど、それだけで、相手のことを死ぬほど、一人占めしたいほど好きになれるでしょうか。
    僕は、恋愛に慎重なタイプなので、僕の価値観に偏ってるかもしれませんが、自分のためそれだけではそんなに相手のことを好きにはなれないと思います。
    そこには、相手に、何かそうさせるものがあるのだと思うんです。
    好きになる理由はいろいろ合わさってのものだとは思いますが、決してそんな悲観的になる必要ないんじゃないですか。

    コメントの中に出てくる、彼、一ファンさんのことを見守ってくれる、ほんとに優しい人なのですね。


    ここからは、人間関係一般の話になるのですが、人間関係の中で、自分を差し置いてまで誰かのことを思えるってのは、そうそうないことだと思いますし、それはある点では理想論のような気もします。
    もし自分だけがそう思ってもらえるのなら、それは不均衡だと思いますし、そうであればお互いにそう思えるような均衡でないとそのような関係は成り立たないのではないでしょうか。
    理屈で考えるとやっぱり成立しないような気がします。

    唯一不均衡が成立するとすれば、恋愛・親子などの特殊な関係の中だと思います。

    初めにも書きましたが、わけわかんなくなっちゃった時は理屈なんて成り立たないですからね。
    それだけ、好き、には、パワーがあると思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://izuyama.blog88.fc2.com/tb.php/241-24e596d9
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。