--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒空

2009年01月09日 15:24

今日は寒い。関東では初雪が降ったそうだ。オレが起きた頃にはもう雨だったけれど。

昨日は久しぶりにサークルの同期まっつーと呑み、そしてその後国立に戻って彦にゃん、会計士のゼミテンとの呑みハシゴ。

年末年始にかけての、東京→三重の中では毎晩誰かしらと呑んでたけど、東京に戻ってきてから1滴も呑んでなくて、昨日は久しぶりの呑みだった。

就活生はみんな病んでるね。
期待と不安が入り混じるってのが適切な表現だと思う。
期待もあるけど、やっぱどこかに不安がある。こういうときは安定って言わないよね。

就活って言ってもそれぞれの位置づけで、それぞれの定義でやっているところはこうやって呑むとまた鮮明になるもの。
比較的ゼミテンは定義も一緒だったりするけど、大学違う子とか、やっぱり様々な就活を行っている。
自己分析とはその就職という定義付けができたところで一段階終了なんだと思う。
今までの自分や、就職後に歩む人生に思いを馳せて就職という位置づけを探ること。



先日、日経新聞で読んだ記事が珍しく頭の中で反芻している。
リスクを取らないのではなく、リスクをどう取っていくか―――――。
こういった投げかけだったと思う。
100年に一度の金融危機だなんだってみんながみんな口をそろえて言うけれど、金融にはそれなりの機能があるのも事実。みんなが背負うべきリスクを分散し、それをまた小口で民間へと還元してくれている。
社会のインフラとしてこれは重要な機能だと思う。
リスクを取る人―――。
リスクを取らないと、収益は見込めない。
よりリスクを負えば、大きな収益を見込める。これは世の常である。
収益ということだけじゃなくても、人生、恋愛にも、もちろん就職にも大きく関係がある。
リスクとどう付き合っていくか。
この問は、今後も一生消えることはないと思うし、自らのリスク許容度を把握すること。
これが大切なように思う。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://izuyama.blog88.fc2.com/tb.php/248-219a0bea
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。