--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分と役割

2009年04月02日 09:16

昨日の夜ふとサークルの後輩からの電話。なんだかんだ1時間ぐらい話していた。
最近サークルの中で事件というか問題が起こったらしく、それについての相談を受けることに。
後輩はサークルを引っ張る立場にいて、だからこそ人よりいっぱい考えて悩んでいた。
厳しく行くべきなのか、それとも楽に終わらせるべきなのか。
個人的な優しさ故、心の中で自分とその役割のあるべき姿とのギャップと戦っていた。

時として人はその自分の役割を全うしなければいけないと思う。
特にそれが求められるのは上にいる人。
自分は優しくしてあげたいと思っても、その前に人の上に立つ立場であることを意識すること。
ほんとにそれが相手のためになるのかと、真剣に考えてあげること。
結果として厳しいことも言わなければいけないこともある。
嫌われ役がその役割であればそれに徹っしなければいけない。
僕なりのリーダーシップ論では非常に重要だと思っている。

そんなことをつらつらと少しきつく話してしまったかな。
こういった嫌われ役を買って出る、損な性格である。
スポンサーサイト


コメント

  1. 一ファン | URL | -

    嫌われ役になれるってすごいと思いますよ。
    私も上下関係の厳しい中にいるので、そういう場面によく出くわしますが、いつも思います。
    私は、人に強くものを言えないので…

    それに、相手がちゃんとした人なら、いずれわかってくれると思います。

  2. やまぐち いずみ | URL | -

    コメントありがとうございます

    嫌われ役になるってほんと難しいですよね。
    自分一人で立ち向かうのってほんとにパワーが要るし、大変なことだと思う。
    でも、周りに理解してくれる人がいるならば、相手のことを考えて一番だと思う方法、たとえそれが厳しいことだったとしても、それを行うのが一番だと思ってます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://izuyama.blog88.fc2.com/tb.php/343-c1faf4b3
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。