--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友人の終活

2009年04月23日 09:43

高校→大学と同じ経路をたどり一緒に過ごした友人が終活したと聞き、昨日はゆっくりとふたりで飲んだ。

はじめからマティーニを入れてしまい速効ほろ酔い気分での呑み会となったが、最近は会っても就活の話ばっかりしてたから、ひさしぶりの落ち着いた呑み会で非常に充実した時間を過ごした。

お互い話していて思ったが、三重という地方出身ということもあり、周囲、特に親の就職に対する期待値は僕たちとは別の方向へ向いていることはやはりある。
名古屋圏なら、中部電力とかJR東海とかトヨタとか、そういった企業に入ることが一番いいとされているのだ。友人もそう親に言われたらしい。
まぁ、そうだろうなぁ。と思って聞いていた。

「周りからこう見られている」という客観的な期待とかそういうものが、いつしか「周りからこう見られ”続け”たい」にすり替わってしまう人って周囲を見てても多いなぁと実感。

僕自身も例外ではないと思う。
気をつけなければ。

社会学に良く出てくるが、伝統社会→近代社会という構図の中で、
伝統社会ならば伝統に従って生きれば良かった。みんながいいと思うことをやれば良かったし、再帰性自体に価値があるとされた。しかし現在ではそんなことはありえない。自分がどう生きるのか、自分自身できちんと決めねばならない。
スポンサーサイト


コメント

  1. のん | URL | -

    うーん。

  2. やまぐち いずみ | URL | -

    ぐるぐる思考は回ったけれど、周りがどう思おうと周りにに迷惑をかけない程度で、やっぱり自分がいいと思ったことをとことんとんがってやり通したいとそう思ったわけです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://izuyama.blog88.fc2.com/tb.php/366-d240775e
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。