--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『夜回り先生』

2009年06月07日 12:35

夜回り先生夜回り先生
(2004/02)
水谷 修

商品詳細を見る

「でもそんなに甘くなかった。さらに一カ月後のことだ。組事務所から学校に「少年がナワバリに入ったから、捕まえている」という連絡があった。---中略---彼の両脇を何人もの組員が囲っている。その向かいで険しい顔をしていた組長が、苦々しく言った。「水谷さん。こっちもメンツを商売にしている。約束を破ったら、それなりの対応をしなければいけない。いいね?」落とし前は、私の利き腕の指一本だった。その後少年は自分の店を持つことを夢見て、都内の中華料理店でまじめに働いている。それを思えば指一本、なかなか痛かったが、安い買い物だった」



夜回り先生、水谷修先生の著作。
何人もの子どもたちとのいくつものエピソードが掲載されているが、そのどの子どもたちにも真っ直ぐに向き合う姿。読んでいてハートの奥底から熱くなり、考えさせられる本。

彼みたいな教師がいれば、と彼に救いを求めることは簡単だが、もっと身近な親や親族が考えなきゃいけないこと、そういった人たちへの強いメッセージも感じられた。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://izuyama.blog88.fc2.com/tb.php/389-d39d54e9
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。