--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『シャープを創った男 早川徳次伝』

2009年07月29日 11:48


Powered by POPit


「小学校さえろくに行けなかった徳次は、せめて自分の工場で働く青少年に勉学の機会を与えたいと思っていた。徳次の信条であり、戦後の社訓にもなる「五つの蓄積」(信条・資本・奉仕・人材・取引先)のうちの一つ、「人材の蓄積」のためでもあった。徳次はこう記している。「まず経営者たる自分が燃えなければ社員の心に火を付けることは難しい。私は社是の一つとして人材の蓄積と言うことをあげているが決して秀才集めではない。むろん頭のいい収載に越したことはないが、事業に実際にたずさわっているうちに、いわゆるものの役に立つ人間を現場でつくり上げていく。会社に相応する各層の精鋭たる持駒をできるだけ数多く揃える。これがいわゆる私の人材の蓄積なのである。愛情をもって社員に接し、教育し、そだてていってこそ会社にとって必要な人材が蓄積されて行く」」本文中より。



早川電機工業、現在のシャープ株式会社の創業者、早川徳次の伝記。
伝記類はあまり読まないのであるが、読み始めてみると面白く一気に読み切ってしまった。

1883年(明治26年)に三男三女の早川家の末子として生まれた徳次。後に関東大震災、太平洋戦争も待ち構えている、正に激動の時代に生まれたのである。

8歳にして坂田家への年季奉公へ、19歳で「徳尾錠」を発明して起業へ、そして22歳にして後のシャープという会社名の起源ともなった早川式繰出鉛筆(シャープペンシル)を発明した徳次。
苦労をしながらも発明とその努力で会社を大きくしていったが、そううまくはいかないのが彼の宿命であった。30歳の時、関東大震災が直撃し、工業や機械、そして家族までもが犠牲になり、借金返済のため徳次はその代名詞でもあったシャープペンシルの事業を譲渡する。大阪に渡り一からの出直しである。ここでラジオに目をつけ、国産一号機を開発。畑違いの技術であっても、想像を絶するような努力でカバーしていく徳次。彼の才能もあったかもしれないが、その情熱は並大抵の人には真似できるものではない。
ラジオなどの技術は、後の太平洋戦争へ向けても国策として重宝され、レーダー技術の開発など時代が戦争に向かう中彼は働き続けた。「当たる時は、当たるんだ。死ぬ時は、死ぬんだ」とB29が飛び交う中、一度も防空壕に入らなかったその胆力が彼を物語っている。
何度も苦しい思いをしながらも、決して諦めずその度に再起していく徳次。執念ともいえる情熱には本書を通じて非常に勉強させてもらった。

再起にはいつも協力してくれる仲間がいる徳次。成功の保証のない大阪での事業でも、高給を捨て、彼の小さな工場へと着いてきた従業員は数知れない。彼が不運にいた中でも、こう何回も這い上がってこれたのは彼を慕う仲間や恩人がいたからであり、そのような関係を築くことができた彼の人徳の賜物であった。

また本書を通じて感じたのは、20世紀という世紀である。それは正に徳次の人生が物語っているように、日本にとって大きく世界舞台へと上がっていく世紀だったのだ。
途中戦争と言う大きな過ちを犯しつつも、国内では徳次を始め、松下幸之助や井深大など現代の大企業に名を連ねる企業の創業者が現れ、彼らの発明により日本は豊かになっていき、日本がだんだんと世界に追い付いてきたのだ。

シャープペンシルから、ラジオ、テレビ、電卓、液晶と、今でも日本の技術の最先端を走っているシャープ株式会社。その源泉に触れられる一冊である。
スポンサーサイト


コメント

  1. 一ファン | URL | -

    お久しぶりです。

    内定が決まってからは、何をしているのですか?

    経済は、興味があるけれど、難しくて、結局大して勉強できていません。でも、最近、大きな会社というものに興味があります。すごい努力をして、攻め続けて今があるというか、なんとなくいつも同じように見かけるけれど、この現状維持のためにはどんな裏側があるんだろうって。

    最近気になるのは、「資生堂」と「花王」です。資生堂は、よく読む本に「資生堂パーラー」が出てくることから、「花王」は知り合いが研究者としてはたらいているから、っていう単純な理由なんですけど。

    あとは、「明治」とか「エーザイ」とか、ファンド麗人具を担当していた団体のスポンサーをしてくれてる会社ですね。


  2. 一ファン | URL | -

    お久しぶりです。

    内定してから、何をしているんですか?

    経済のことには興味があるんですけど、結局難しくて、勉強できずじまいです。でも、最近大きな会社に興味があります。なんとなく同じようにいつも見かけるけれど、攻め続けている結果の現状維持があるのかなとか…裏側では、一人ひとりの社員がいろんな面で考えてて、それが大きなひとつの動きになってるところとか、興味があります。

    ひとつの商品を売る、というためには、まずどういう意図があって誰にどんなものを提供したいのか、その企業側の意思を伝えるにはどうしたらいいのか(商品のパッケージから、キャッチコピー、店舗での見え方、CMの作り方、CMをどんな番組の間で流すか、etc...)、全てに意味があるのかなって思うとおもしろいですよね。

    いずみさんが最近注目しているのは、どんな会社ですか?たくさんの企業を見てきて、いろいろ思うところがあったと思うので、教えてもらいたいです。

  3. 一ファン | URL | -

    えっと、あと、最近、やっぱり世の中のことをもっと知っていたいなって思います。小さな単科大学のコミュニティーでは、主流にのっかっているのが一番楽で、主流から外れるのは、やろうとしていることが何であれ、正しいか正しくないかとは別で、とても大変なことです。

    気づいたら、腐ってしまいそうです。

    最近、ポッドキャスティングで簡単な経済の話を聞いたりしているんですけど、いずみさんは利用してますか?
    ラジオも、使えるなって思います。

    普段、どうやってアンテナ張ってますか?

  4. やまぐち いずみ | URL | -

    コメントありがとうございます

    コメントの返信が遅れてしまってすいません。

    実はしばらく(東南アジアへ1ヶ月ほど)旅に出ていたので、スパムコメントが付かないようにコメントを承認制にしていたのです。
    ですので、ちょっとコメントが反映されなかったのです。
    ごめんなさい。


    改めまして、お久しぶりです。

    内定を頂いた後は、主に卒論をしていました。
    卒論は医薬品業界の分析を行うので、国内の大手な医薬品企業を中心に分析したりしていました。
    今後もこれが中心ですかね。

    他には、就活が終わって少し時間ができたので、この時間を利用して、僕ももっと社会や世界を知ろうといろいろと活動しています。
    就活中は何かと同じ業界とかを目指す友達たちと切磋琢磨していましたが、趣味の違う業界も全然違うところに内定した友人などと勉強会をしたりしています。

    僕が最近というか直近で興味を持っているのは、やはり国内のものづくりメーカーですね。
    8月1か月間アジアを放浪していたのもあるのですが、東南アジアではソニー、パナソニック、キヤノン、など日本のメーカーの製品をめちゃくちゃ目にしましたし、そういった企業の製品がアジアの生活をとても支えているのだと実際に見て思いました。

    やはり根本はものづくりだと思います。
    金融など、経済をよりよく発展させていくためには無くてはならないものなのですが、「ものを作って売る」という企業が存在しそのサイクルがきちんとできた上での話です。
    そしてそうしたモノづくりが戦後の日本の発展を支えてきた張本人です。
    医薬品企業もそうですが、最近はそういったモノづくり企業に興味があります。

    アンテナをどう立てているかということですが、
    インターネットで言えば、僕が日ごろ見ているのは中心はやはりブログ(著名人・友人のものなど)ですかね。
    リアルな場ではやはり毎日家に届く日経新聞です。

    googleリーダーというgoogleの機能を使っていると、すぐサイトの更新が分かるようにできるので、便利です。

    本当に返信が遅れてしまってすいません。

  5. 一ファン | URL | -

    お帰りなさい☆久しぶりの日本はどうですか?

    この夏は、新型インフルエンザの流行やテロ(インドネシアだけでしたっけ?)、地震(これもインドネシアですけど)等、ありましたね。東南アジアへ行くのは勇気が要りませんでしたか?

    一ヶ月も具体的に何してたのかなとか、いろいろ聞きたいんですが、
    近々ブログのネタにしてくれることを期待しています。

    日本の企業っていうのは、本当に興味深いですね。
    ホームページを見てるだけでも、面白い。まずホームページの位置づけが企業の分野によって違いますよね。そしてその企業が何を大切にして、どのような印象を私たちにアピールしたいのか、っていう表面の顔の裏にはどんな考えがあるのかなって想像したり(意地悪な意味じゃないです(笑))。

    若い人をターゲットにしている分野(お菓子会社とか)では、ゲームがあったり、興味深いコラムがあったり、いかに消費者の心をつかむか、を考え抜いた作り手の顔が思い浮かぶ気がします。

    消費者が踊らされてる状況は面白くないけど、商品作りからPRまでを含めて、「こんなの面白そうじゃない?」っていう作り手のプレゼンテーションをわかった上で、乗っかるのなら面白い。

    確かに、儲けなきゃ始まらないし、死活問題なので、利益優先とかになっちゃう面もあるとは思うんですけど、それだけじゃなくて、遊び心があるのが、好きなんだと思います。その『遊び』っていうのが、普段イメージするような意味合い以上に、日本人にとって、特にすごく大切で、表面を飾るただのオプションじゃなく、経済っていう一つの生き物の、生命活動の一部になっていると思うんです。

    日本人のそういうところ、大切にしていって欲しいなって思います。

    いろいろ聞きたいことはあるんですが、長々と語りすぎちゃったんで、とりあえず、このくらいにします。

  6. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://izuyama.blog88.fc2.com/tb.php/416-09ea7f8f
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。