--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏プロ09

2009年10月12日 17:34

昨日は夏プロと呼ばれる、1年の中で最もシビアなゼミの発表会。
小学校の時にやった夏休みの読書感想文みたいな位置づけで、2か月の夏休みの研究の成果を発表する会なのだ。
ただでさえ、シビアと呼ばれるうちのゼミなので、提出する研究に関してもかなりハードルが高い。

研究成果を分量で示すのはおかしな話だが目安として、
提出する資料はPPT資料で80枚、ワード資料で100枚が最低ラインと言われる程度なので、少しはシビアさが分かってもらえると思う。

8月は東南アジアに行っていて帰って来てからの9月はほとんど卒論やってたと言っても過言じゃない。9月だけで国会図書館にも5回ぐらい行ったし、まるまる1冊分以上にもなるぐらい(全部で500ページ以上)資料をコピーしてきたりと、だいたい卒論やってた9月だった。

研究は仮説→検証の繰り返し。現在、OTC医薬品(医師の処方なしで薬局・ドラッグストアで買える医薬品)業界について分析を行っているので、全然参考にある本がなく、仮説を立ててはローデータから打ち込んでは検証し、仮説が崩れれば再度仮説を立てローデータを打ち込み…という作業を繰り返していた。
この市場に存在している企業には規模が小さい企業が多いので、大企業のようにIRもしっかりしてないためHPから十分なデータも取れないし、今までで一番仮説が無駄になった研究だったかも。(いつも目星を付けて調べ始めるので)。
医薬品関連や医療についての本は読み漁ったが、私が好きなジャンルを問わない読書ができず少し落ち着かない時期だったが大変だっただけにすごくいろいろと勉強になった1ヵ月間だった。

今回の研究を通して特に感じたことは以下の3つだ。

①整理することの大切さ
何事も整理することは大切である。印刷した資料を一部紛失し再度印刷したりなどしてて二度手間になったので、そういった整理もそうだが、考えを整理することはとても重要だと感じた。
ある程度のデータを集めてから仮説をたててみようとか、まだまだちゃんとした研究の流れを調べるのには情報が足りてないとか、どこかにラインを引いてそこまではデータ収集に集中しがちだったけど、これってまずいなって今回気づいた。反対に、いつでもどれだけ情報が無くてもその現状で不十分なものでもまず仮説を立ててそれに伴って進んでいくことが必要だと実感した。
不十分すぎる仮説だとしてもその仮説がもととなって次のアクションを起こしていく。仮説が間違っていると気づけば再度仮説を立て直せばいいし、そもそもどこまでいけば仮説を立てられるなんてラインは主観的で意味がない。これは大きな収穫。ついつい忘れてしまいがち。

②定性情報ってすごく大切
これは分析をする上での話なんだけど、定性情報ってすごく大切だってこと。今回特にデータの少ない業界の分析をして、薬の売上高とか市場の情報とかそういうデータとかは取れるんだけど、企業の経営計画もないし、企業自体の雑誌記事とかもないし定量情報>定性情報になってしまった。
いろいろ面白い傾向とかを定量情報から導きだしても、で、この企業は何しようとしてるんだっけ、というところがない。今までは企業の目指すべき姿があってその定性情報があるから、そこを目指すために何が足りないのかとか、なギャップの原因は何なのかとかそういった風に分析を進めることが多かったので逆な状態の今回は非常に大変。
経営の分析っていろいろ指標とか使ってやるんだけど、絶対的なものってあんまりなくて、ビジネスの形態を変えていけばもちろん指標の値も変化していくし特に問題でもない場合もある。
でも、そもそもインタビュー記事とかそういうのがないと、ほんとブラックボックスな感じでつかめない。
うーん、ここは今後の課題。もっとインタビューとか聞き取り調査もしないとなぁ。インタビューってすごい大事だなぁ。

③統一した方向性を共有することの難しさ
やっぱり難しいのはチームワークで仕上げるってこと。今回は5人でのチームで楽しくやれたけど、やっぱりもっとうまくできたとは思うので、そういう点ではちょっと反省。特に9月の初めの方はなかなか進まず最後に駆け足になってしまったこと。後半になってきちっとストーリーが決まった後は、ある程度まとまってがしがし進んだけど、仮説もまだまだ稚拙な時は進めていくのもなかなか難しかった。「コレをやる」ってストーリーとかがきちっと確定してなくてちょっとふんわりふにゃふにゃしている時にも、その方向性を共有すること。ある程度の漠然としたゴールをどう共有するのか、または初期に明確なゴールをうまく設定すること。この2つのどちらかはきちんとできるようにならないとなー。これからもっと駆け足になると思うので、その中で経験を積んでいきたい。

たくさん勉強してたくさん学んだ1ヶ月間だった。
打ち上げで飲みすぎてちょっと頭が痛い今日。

とにかくおつかれさま。
スポンサーサイト


コメント

  1. | URL | -

    大きなことをやり遂げると何かしら思うことはありますね。
    私は特に、人と関ってやっていくのは、まだまだだなって思います。
    うまいことみんなを巻き込むっていうのは、自分がいい思いするっていうだけでなく、巻き込んだ相手もいい思いをするって場合もあって、それは巻き込み方次第だと思うから、最近はそういったことを意識します。
    適当な表現が見つからないんですが…

    長いこと、お疲れ様でした!!

  2. やまぐち いずみ | URL | -

    コメントありがとうございます

    そうですよね、人を巻き込むには、相手にとってももちろん自分にとってもプラスになるようにしていかなければ長続きしませんよね。

    ありがとうございます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://izuyama.blog88.fc2.com/tb.php/425-753c59bb
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。