--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当事者じゃないと分からない事

2009年11月04日 02:33

薬のせいか眠気が多く、今日は1日中寝ていたのでこんな時間にもそもそと起きだした。

そういうわけで、昨日から噂の新型インフルエンザに感染中だ。

こういう時じゃないと病院に行く機会も無い大学生。
こういった時だからいろいろと考えることもあるので、ちょっと書いてみようと思う。

近くにある町医者で診察を受けたけど、午後の診療時間の終わり頃に行ったにも関わらず、病院ではたくさんの人が診察待ち。時間的な回転率は常に100%以上な雰囲気。
いざ、診察を受けてカロナール錠という解熱剤と噂のタミフルを5日分ずつもらって、診療費も込みで1,990円。すごく安いと感じた。
朝夕食後の投薬なので、投薬代だけで言ったら、1回分が200円程度。診察代金を考えていないから実際にはもっと安いんだろう。ほんとに驚いた。

もちろんこれにはからくりがある。ご存知だろうが、ボク達は国民健康保険に入り、保険が利くのだ。
1,990円はボク達の負担分だが実際にかかっているうちの30%であり、残りの70%は国の負担。
今回で言えば、6,640円もが国の負担で賄われている。

確かに、診察を受けて薬もらって8,000円以上も払うということになるんだったら、仕事をしている社会人ならまだしも、ボク達のような貧乏学生には高すぎるし、病院へ行く事を渋るだろう。しかし、僕たちのような貧乏学生でも、2,000円のようなそれほど高価すぎない金額であれば、病院へ行く事もそれほど億劫ではない。

このままじゃやっぱり日本では、病院に行く人ばかり増えて、薬局が大きくその役割を拡大させていく事は難しいなぁと思う。いろいろと理由はあるのだが大きくは上記で述べたように
「病院で診察を受け薬を処方されることは、負担分だけを見ると、値段の割にその他の場所で薬を買うよりもより良いサービスが受けられる」
ということに集約できるのではないだろうか。

値段とサービスという2面から詳しく見ていく。

値段は、症状は違えど製品の価格を比較して見てみる。
今回は、計30錠=10回服用分(2種類足して1回3錠)で、2,000円(患者負担分)
比較対象は、よくTVCMなどで登場する総合感冒薬ベンザブロックとする。
こちらは計30錠=10回服用分(1回3錠)で、1,500円程度。
よって、1回服用分の価格差は約50円で通院時の方が高いといった程度だ。
もちろん、薬の種類によって価格は大きく変動するだろうが、国民健康保険で7割負担となっている以上、難病や特殊な病気など希少なもので無い限りべらぼうに薬が高いということはあまり考えられないので、特に風邪やインフルエンザなどで病院へ行くという決断は価格の面だけを取っても市販薬に十分対抗しうる選択肢となっていると言える。

また、一方で総称としてのサービス面では反対に医療機関での処方の法が大きくメリットがある。
一つに安心感だ。医師という病気のスペシャリストの診断を受け病状を特定してもらい、適切な処方量の投薬を行ってもらう。患者の大きな安心感につながることは間違いない。昔から病は気からというが、医師の診断に安心させられたりなど、病気などにおいても心理的なものというのが大きく関与していることは自らの経験と照らし合わせても想像に難くない。薬局の店頭であれば、アドバイスはしてもらえるが診察ではない。
「Aの症状があるのです」→「では、A用この薬が効きますね」といった具合で、
根本的な原因は必ずしもA以外の病気であるかもしれないのに、A以外の可能性は排除してくれない。
これが診察との大きな違いだと思う。この点は大きく安心感にも関わってくる問題だ。

薬局などで売られているOTC医薬品は患者負担分で見ると、価格面でも大きく訴求力が無いし、医師の診察と言うセット品のプレミアムが大きすぎてサービス面でも新薬に負ける。
もちろん、一般的に新薬の方が効果(リスクも)が高い賭されているため効き目もいいとされれば、そりゃ誰でも病院へ言って薬もらうよね。

こういった現状が長く続くといろいろな問題が起きてくるのだが、またその辺を書くと長くなるので次回に譲っておくが、こういったことを考えるのも自分がインフルエンザになって実際にお金を払う立場になってやっと真剣に考えられたような気がする。

この分野は卒論のテーマなのでいろいろと詳しく薬の名前覚えたり知識も付いてきたのだが、
今回書いた程度の浅いところで、いったい何が人々を動かしているのかといったところは、当事者になってみないと分からないなー。実際になれないとしても、どれだけ自分のこととして考えられるか。

インフルエンザになってそんなことを考えたり。

ということでそろそろ寝ます。
スポンサーサイト


コメント

  1. makoto ゼミテン | URL | -

    体調大丈夫か?
    すごいおもしろい話だったわ、説得力あったし。。
    卒論に生かせるね!!
    早く元気になれよ!!

  2. やまぐちいずみ | URL | -

    コメントありがとうございます

    もうちょっとで完治するから、それまでご迷惑おかけします。
    タミフルはめちゃくちゃ効くけど、お腹がゆるくなる。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://izuyama.blog88.fc2.com/tb.php/428-e3d9b5d3
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。