--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24時間の奪い合い

2009年12月18日 12:57

先日少し話していて思ったんだけど、何でも、人の24時間の奪い合いだ。

寝る時間、起きている時間。
テレビを読む時間、新聞を読む時間、本を読む時間、インターネットをする時間。
全てのものは人の24時間を奪いあってその生存をかけて戦っている。

時々、いろいろ同時にできるようなサービスが出たり、隙間時間を有効活用できるようなサービスが出るけど、
これらも本質的には時間の節約をして他へ配分できる”時間を作っている”と言う面で、時間だ。

これからのビジネスをこういった視点で考えて行くといろいろ考えられる。
ここ数年は、みんながなかなかテレビを見なくなって、インターネットに流れていた。
テレビ・ラジオなどの4大マス媒体というのは、インターネットに代替される形で、
人の生活の時間を奪えなくなってきたんだろう。

しかし、これからの人々の時間の使い方を考えてみるとどうだろうか。
ボクなんかはけっこうインターネット使ってる方だと思うけど、今のインターネット使用時間が倍になるだろうか。
自分の家にあるデスクトップPCに向かう時間が今の倍になるとは考えにくいのではないか。

インターネットが普及してくる時は、エネルギー革命の時のように他の大体としてその存在感を強めてきたインターネット。
商学的に言えば、市場自体が大きくなっている成長期の時代だった。
まだまだ成長期にはあるんだけど、時間の使い方として考えると、どんなに面白いサービスが出てもなかなか全部やるってわけにはいかないよなぁ。
そういう意味でコンテンツの力が強くないと時間を奪うのは難しい。
なんか、ありきたりな話になってしまったけど。


最近友人のジャワが毎日ブログを更新し始めた。
毎日続けるってのは何事もほんとに大切だって感じているので、オレも負けずに更新したいな。
だけど、ブログを書く時間も自分の24時間のうちの一部を使っていると言う面では、立派な投資だから自分の身になるように良いアウトプットの時間にしていきたいし、人様に大切な時間を使ってでも見てもらえるような考えてもらえるような質のもの書かないとなぁ。ブログなんて世の中に氾濫してるし。

つまり、ここが言いたかったんですけどね。
スポンサーサイト


コメント

  1. 一ファン | URL | -

    確かに、人間の性質として、
    一日中インターネットをしているのはきついものがありますね。
    ここからは、質が求められるんでしょうね。

    ただ、最近私が思うのは、
    たくさんの情報の中から、自分が面白いと思えるものに出会うのは難しいってことです。
    検索のキーワード選びって、難しいですよね。
    ぼんやりとした自分の好みを、うまくキーワードにすることも難しい…

    そう思うと、個々人によって異なる面白いと思うものを必要としている人にうまく発信していく方法も、もっと開拓していけるんじゃないかなって思います。

  2. やまぐちいずみ | URL | -

    >たくさんの情報の中から、自分が面白いと思えるものに出会うのは難しいってことです。

    すごく共感します。
    発信者にとってもより興味をもってもらえる人に見てもらいたいわけですし、結局は需要と供給が一致しないと、サービスも情報も意味の無いものになっちゃますから、きちんと探し出せることって大事ですね。

    少し考えてみたい分野です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://izuyama.blog88.fc2.com/tb.php/438-1876bbd1
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。