--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木曜日はお休み

2008年01月10日 10:49

この半年木曜日はお休み。大学もなくのんびり。
今週はきついレポートも終わって、久しぶりに脳みそを使った週でした。

冬休み始まったぐらいから、うまいぐあいに勉強の時間・読書の時間が取れるようになった。
やっぱり、僕は夜型じゃなくて朝型みたい。
お金がかかるけど毎日のように朝冷たい風を切ってエクセルシオールに出かけて、「本日のコーヒー」を飲みながら勉強。そうやって朝の勉強を2時間してから始める1日はほんとうに充実しているような気がする。
この「気がする」ってのは大事で、これがいろんなところにいい影響を及ぼしているような。
なんか気持ちが明るくなったり、なんか得をしているような気になったり。
今までより少し1日をハッピーに過ごせるようになったかなぁって思う。

そんなこんなで本を読むペースも上がり、今週はいろいろ読みました。
まず、2冊。

渋谷ではたらく社長の告白渋谷ではたらく社長の告白
(2005/03/31)
藤田 晋

商品詳細を見る


BOOK・OFFで100円だったので購入。有名なサイバーの社長の本。
なんか自慢ばっかり書いてあるのかと思ったら、ネットバブル崩壊時の苦しい過去もけっこう書いてあった。


成功のコンセプト成功のコンセプト
(2007/10)
三木谷 浩史

商品詳細を見る


2冊目。「楽天」三木谷社長の本。
おそらく一橋のOBの中で独立した人の中では一番成功しているような。
楽天の社内の壁に掲げられているという「成功のコンセプト」。三木谷社長が仕事をする上で大切にする事項が比較的に論理的に述べられていた。


立て続けに社長の、しかも成功しているベンチャー企業の社長の本を読んで、彼等に感化されるものは大きかった。そもそもその社長業とするような人のエネルギーの大きさはやはり本の中からも大きく伝わってきたのだ。

2人に共通して挙げられるのは、やはり「目標の掲げ方のうまさ」だと思う。個人であるならまだしも、人間同士が集まる会社という組織の中で、「ゴール」までは行かなくても「中継地点」とでも言うべき目標がとても重要なものであるということをしっかり理解している。そして、その時々の目標を絶妙な大きさ、つまり実現不可能とは言わないまでもかなりの努力が必要とされるもの、に設定する能力があるのだ。この「目標」を設定することで、そこへと続く道順が明確になり、具体的にそれへと向かって会社の社員全員で「それ」へと向かって突き進んで行けるのである。

これは個人の生活にも100%応用可能であるし、すべきであると思った。
もちろん目標を持って取り組む事は今の段階でもやっているし、時間軸も加えて優先順位を決めてはいるけれど、目標を持ちながらやっていることがある一方で、そんなこと考えずにやっていること(例えば日常の生活で必要な掃除とか・料理とか)もまだまだいっぱい僕の生活の中にあると気づかされた。
こういうことにもしっかり目標を持って自分に厳格にいかなければと改めて反省とする。
「ロッククライマーの精神」を忘れないように。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://izuyama.blog88.fc2.com/tb.php/54-2c30ea35
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。