--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21世紀は…

2008年03月06日 13:57

昨日サークルの活動に携わってもらっているライター兼アドバイザーの方の言葉の中に、

「subjectは20世紀に出尽くしている。21世紀はそのsubjectを編集する編集力の時代だ」というものがあった。

確かに。そうだな、と。


テレビも広告もこれからはこれまでのように簡単には意味をなさないようになるだろうし、どう世界を切り取って、自分で編集していくか。これはほんとに大事だと、俺の最近の問題意識とダブるところがあった。

これからいろいろなものが機械化されていく中で、ひょっとするとAIなんてものが実現するようになったら、人間が意味をなすところってなんなんだろう。
もちろん、文化とかそんなもんは人間ベースで作られてきたものだから人間にしか作れないだろうし、反対には人間にとってしか意味のないもんなんだろうけれども、そんな中でこの人間優位の環境がいつひっくり返るとも分からない。
まぁでもそんなことまで考えてるとよく分かんなくなってくるから、
とりあえず、これからの経済の中で人間の何が付加価値となってくるのか。
ブルーカラーの仕事がどんどん機械化されていくなかで、今後も21世紀にはどんどんパラダイムシフトが起こっていくと思う。
これをしっかり見極めて自分へ落とし込んでいかなけりゃなぁ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://izuyama.blog88.fc2.com/tb.php/72-c9c29918
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。